disease name and hospitals
このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊治療の前準備

治療の前に必要なこと

不妊治療を始めようとする際、まず大切になってくるのが事前の検査です。専門の医師、ここでは婦人科や産婦人科による問診、そして生殖機能が正常に行われているのかどうかの検査なども行われていきます。もちろん、最初のうちはごくごく簡単な検査だけで済みますが、そこで何かしらの問題点が見つかればさらなる詳しい検査が必要になってきます。 それらの検査結果をもとにその後の具体的な不妊治療の計画が練られていくことになるのですが、その際、人によっては不妊治療の種類が異なってくる場合があります。 というのも、一口に不妊治療といってもその方法にはいくつかのものが挙げられるのです。それぞれ、必要になってくる費用も労力も変わってくるので、治療計画については事前にしっかりと医師に確認しておくことをおすすめします。

具体的な不妊治療の方法

では、具体的に不妊治療の種類にはどういったものがあるのでしょうか。一番手軽で費用面の負担も少ないことで知られているのが、タイミング治療というものです。このタイミング治療は排卵日を事前にある程度把握してそのタイミングに合わせて性交を行っていくものです。最も手軽で、経済面の負担も保険が適用されるのでさほど大きくはありません。もしもそれでも妊娠ができない場合には、人工受精という方法がとられます。これは人工的に精子を子宮内、卵管部分に入れて受精させていくというもので、タイミング治療よりも解任率は高いとされています。こちらも保険や様々な助成を利用すればさほど費用面の負担はかかりません。 最後に、最も解任率が高いとされているのが、体外授精です。これは卵子と精子を体外で受精させてから子宮内に戻していくものです。解任率はより高まるのですが、その分体への普段、費用面での負担が他の治療に比べると大きくなるので、より慎重に行う必要があります。

New Posts

体を維持する方法

女性が妊娠しやすい期間をしることと、婦人科検診を定期的に受けることが大切です。また、基礎体温で体の状態はおおよそわかります。しっかりと自分の周期を把握して以上がないか気にかけましょう。

Read More

痛みと向き合う方法

ピルの服用には、避妊という目的のみならず、生理痛の痛みと向き合う方法としての目的があります。排卵の抑制で生理を起こさない機能があるため、生理痛や経血の悩みも起きないという算段です。

Read More

妊娠前から準備する

不妊で悩むカップルにとって不妊治療は最後の望みとなっています。今では既婚や未婚に関係なく、自分の身体の妊娠体質を知ることができます。妊娠を希望するのであれば早めのうちに検査を受けるのが良いでしょう。

Read More